ジスロマックが効く原因菌の種類は?

ジスロマックは細菌の増殖を阻害する作用があり、多くの細菌感染症に抗菌効果が期待できる薬です。
ジスロマックはアジスロマイシンが主成分で、細菌のリボソームというタンパク質を作る器官を阻害する作用があり、リボソームは人などの細胞内にあり、細胞分裂や増殖に必要なたんぱく質を生成します。
アジスロマイシンは人と細菌のリボソームの構造の違いを見極め細菌のみに作用し、アジスロマイシンによりリボソームを抑制されると増殖などができなくなり死滅します。

ジスロマックが効き目がある原因菌の種類には、アジスロマイシンに感性のブドウ球菌、肺炎球菌、淋菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ属やクラミジア属などがあり、様々な細菌に効果が期待できます。
インフルエンザ菌に効き目はありますが、ジスロマックは細菌のみに効き目があるため、風邪やインフルエンザなどウイルスが原因の場合には効き目はありません。
ジスロマックは、体内にいる細菌のタンパク質の合成を阻害し増殖を防ぐため、マイコプラズマ肺炎などの呼吸器感染症や、中耳炎など鼻や耳の感染症、クラミジアなどの感染症に効き目があります。

ジスロマックが非常に効果が出やすいのはクラミジア菌です。
クラミジア菌による尿道炎、子宮頸管炎、咽頭炎などです。
歯周病菌にも抗菌効果があり、菌による炎症を治癒することができます。
クラミジアや歯周病以外にジスロマックはリンパ節炎や扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、副鼻腔炎などに効果があり、特に処方されることが多いのは副鼻腔炎とマイコプラズマ肺炎です。

ジスロマックはクラミジアや歯周病、マイコプラズマ肺炎など細菌感染症に高い効果が期待できる治療薬です。
クラミジアに感染すると治ったようにみえて再発を繰り返す可能性があるので、ジスロマックを服用して完治させるまで3週間は必要になります。
歯周病も症状の改善があらわれるまで2~3日はかかるため、しっかりと医師の指示に従って服用することが大切です。

ジスロマックの副作用や使用上の注意

ジスロマックは、クラミジアやマイコプラズマ肺炎、歯周病など様々な細菌感染症に効果が期待できる薬です。
副作用が気になりますが、副作用も殆どないため体に優しい薬で誰でも安心して服用できる治療薬です。
多くの細菌感染症の治療に使われる従来の抗生物質は、副作用にアレルギー反応が出ることがあり服用できないという場合もあります。
しかし、ジスロマックはアレルギーの副作用がでることも殆どない薬なので、アレルギーを持っている場合でも安心して服用することができます。

副作用は殆どないですが、軽くあらわれるものはいくつかあります。
ジスロマックの副作用であらわれる可能性がある症状は、下痢、吐き気、食欲不振、腹痛、皮膚の痒みなどです。
これらの副作用があらわれた場合には服用は中止して医師に相談します。
副作用が軽い抗生物質ですが、用法用量を守って服用すれば重篤な服用があらわれることは滅多にないのです。

しかし、アナフィラキーショック、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、急性腎不全など重篤な副作用があらわれる可能性はあるので、服用は医師の指示に従って服用することが大切です。
ジスロマックが投与される感染症のひとつにクラミジアがあります。
クラミジアの場合はジスロマックを1回服用し、飲み始めた日から効果が出ます。

1回の服用で7日間は効果が持続しますが、根治するためにはさらに期間が必要になり、クラミジア菌を全滅させるためには3週間は必要です。
ジスロマックを服用してもクラミジア菌が薬に耐性がある場合、効き目がなかったり、淋病を併発している場合は効果がない場合があります。

ジスロマックは淋病の耐性菌が多く、淋病に対しては効果が期待できません。
クラミジアだけではなく、他の症状の細菌もジスロマックへの耐性があると効果がない場合があります。
医師に指示された期間服用しても効果がみられない場合は、医師に相談して薬を変えるなど対応が必要になるため、服用の際には用法用量は守って服用します。