性病を早期治療するなら個人輸入で薬を買おう

性病にかかっている予感がしても正直なところ、病院に足を運ぶのは気が重い方が多いのでは無いでしょうか。
患部が性器やその周辺であるだけに、専門家の医師と雖も他人の視線にさらされるには抵抗感があるのは事実です。
しかし性病だからといって甘く見るのは厳禁です。

活発な性生活を送る人では感染範囲の拡大のリスクを挙げるだけでなく、性病自体が進行して重篤な症状が出る懸念も少なくない為です。
しかも性病といっても病原菌によって症状はバラエティに富んでいます。
正しく治療を行ううえでは、一度は皮膚科や泌尿器科を受診して原因菌を特定して治療薬を出してもらうことが大切です。

ところで、性病は再発することもよくある病気です。
一度病院を受診しておけば類似した症状に遭遇したら処方された治療薬を使用すればどの程度の効果を期待できるのかは、ある程度見立てが付くと考えられます。
このように性病が再発したときには、すぐに治療薬の服用を開始することで症状が軽い段階で病気を治癒させることも可能です。

とは言っても同じ治療薬の処方が分かっているにも関わらず、再度医師を受診するのは二度手間になります。
再発してもすぐに対応出来るようにあらかじめ性病の治療薬を用意しておけば、早期治療を開始することが適います。
このような事態に備えて簡単で利用をお勧めできるのが、インターネット上にある個人輸入代行サイトの通販で治療薬を購入することです。

個人輸入は違法ではないの、と疑問を抱かれる人もいますが、個人使用の範囲では厚生労働省も問題ないとの認識を示しています。
個人輸入代行通販サイトを利用すれば、医師の診察や処方箋を得ることなく、早期治療に備えることが出来るのです。
インターネット上でのやり取りに終始するので通院の面倒もなく、簡単に手続きが完了するだけでなく海外の薬価の安い治療薬を入手することも可能になっています。
性病治療薬を常備薬の一つに加えることも検討してみましょう。

性病の症状が現れるまでの潜伏期間は?

性病に感染しても、それぞれの原因菌には潜伏期間があり、性行為と初発症状が出るまでの間にはタイムラグが生じるのが通常です。
これは原因菌に感染しても、症状が出るレベルにまで増殖するには、ある程度の時間を必要とするからです。
とは言っても潜伏期間が短い菌もあれば、比較的長い菌も存在しています。
心当たりのある性行為から初発症状が出るまでの期間で、ある程度原因菌候補の選定も可能になります。
そこで性病の原因菌の潜伏期間の差異について、基礎的知識を得ておきましょう。

比較的潜伏期間が短いのが淋菌になります。
男性に強い症状が出る傾向があり、症状が現れるまでに3-7日程度を必要とします。
排尿時の強い痛みや尿に膿が混じるなど症状にも特徴がみられます。

近年、患者数の増加が著しい梅毒の場合は、3週間程度が潜伏期間の目安とされているのです。
初発症状には性器やその周辺に痛みをともなわない発疹などが代表的と言えます。
これらに対して潜伏期間が長いも性病には尖圭コンジローマで1-3ヶ月もの長い潜伏期間を持っています。
そのため原因となった性行為を特定できないことも珍しくありませんが、自覚症状の乏しいイボが複数発生するといった特徴をもっているので、むしろ症状が手がかりになります。

ところで潜伏期間を経過すれば性病の発症のリスクはないのでしょうか。
この点は残念ながら、リスクはないとは言えません。
個人の免疫力には個人差があるので潜伏期関経過後に症状が出現することは大いに有り得ることです。
そこで患部の状態や自覚症状などの他の情報も加味して、判断するのが賢明です。
再発しやすい性病の特性を踏まえれば、個人輸入代行サイトなどを活用して、いつでも早期治療が行える態勢を整えておきましょう。